自由に生きるの原点

2019年3月26日アジスタのスポーツジムのお風呂の湯船から出た途端!何が起こったのか両方の足がふらふらして立てないのだ。何が起こったのか理解できないまま、這って更衣室までたどり着いた。
水を飲みしばらく休んでいると、ようやく意識がはっきりしてきて、立てるようになったので、その日は右足が少し不自由であったが何とか歩いて家までたどり着いた。

その当時私は、調布ライオンズクラブの会長職にあり、週末には一泊泊まりの移動例会、ゴルフ会、打ち合わせ等スケジュールが詰まっていて、オーバワークの日々を過ごしていた。
足が少し不自由が続いていたが、妹の旦那がなくなり富山まで葬式に帰り、そしてライオンズのチャリテイゴルフ会をこなして、当時元会社の喜楽会(OB会)の会長もやっており、本部会議に出席後やっと時間が空いたので、4月3日医者に行くと、私の顔を見るなり、即大学病院に行けと言われ、そのまま1カ月の入院となった。脳梗塞の診断だった。一歩間違えば、大変な事になっていたのだった。

「自由に生きるの原点」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。